禿頭の男性
公開履歴
禿頭を心配している男性

薄毛のタイプは色々とありますが、中でも多いのがAGAと呼ばれるタイプの薄毛であるといわれています。
AGAの原因は、体内の酵素の働きによって、髪の毛の成長をストップさせてしまうことが原因の一つとして考えられています。
ですから、放っておけばそのまま薄毛は進行し、頭頂部や額の生え際の髪の毛の成長が妨げられ、髪の毛がほとんど産毛状態のまま抜け落ちてしまうことになります。
このような状態になると、頭皮が完全に見えるようになり、人によっては周りの目が気になる状態になってしまいます。
しかし、最近ではAGA治療薬が誕生し、こうした薄毛の進行を止めることができるようになっています。
AGA治療薬には、プロペシアやそのジェネリック医薬品であるエフペシアというものがあります。
脱毛を抑制し、育毛を促進する効果があります。
エフペシアやプロペシアは継続して使用をすることで脱毛を予防して毛髪を強くすると言われています。
これらはAGAを専門に診てくれる病院で処方してもらうか、ネット通販を利用して買う事ができます。
まずは病院で自分の症状を診断してもらうことが望ましいのですが、そういった時間や余裕がない場合はネット通販が便利です。
ネット通販は海外で作られたものを代行輸入している業者から買うような形になるのですが、一般の通販と同じようなシステムで日本語に対応しているので難しいことはありません。
特にプロペシアのジェネリック医薬品であるエフペシアはネット通販を利用すればプロペシアよりかなり安く手に入れることができます。
薬価が安いうえに効果はプロペシアと同じなので、継続して使用することを考えるとコストパフォーマンスに優れていることがわかります。

しかし、これからAGA治療薬を服用しようと思っている人にとっては、どのくらいのAGA改善の成功率があるのか気になるところかもしれません。
現在AGA治療薬の成功率は6割以上の人は何らかの効果を感じることができたといわれているので、成功率に関してはかなり高いということが言えるでしょう。
どのような改善状態にまで達するかについては人によって異なり、人によっては以前のように髪の毛がしっかりと生えてきたという人もいれば、抜け毛が減って現状維持の状態を保つことができるようになったという人もいます。
ただし、AGA治療を開始した直後は初期脱毛といって、一度弱く細い髪の毛がたくさん抜ける時期があります。
これは、正常なことであり、薬の影響で髪の毛が減ってしまったといって誤解をしてはいけません。
また、薬である以上副作用もありますから、ある程度は注意が必要です。
ただし、AGA治療薬の副作用に関しては、発症するリスクは数パーセントと低い数字になっていますから、それほど心配をする必要はありません。

記事一覧
AGAはヘアサイクルの乱れが原因 2019年08月10日

AGAは男性型脱毛症のことです。男性特有に見られる抜け毛の症状で年齢が若いころから起こることもあります。前髪が薄くなってくる、頭頂部が薄くなってくる症状があり抜け毛が多くなってきたら注意が必要です。AGAの原因として考えられているのは男性ホルモンの過剰な分泌や生活環境が変わったことによる影響が考えら...