• ホーム
  • AGAはヘアサイクルの乱れが原因

AGAはヘアサイクルの乱れが原因

禿頭の老人

AGAは男性型脱毛症のことです。男性特有に見られる抜け毛の症状で年齢が若いころから起こることもあります。
前髪が薄くなってくる、頭頂部が薄くなってくる症状があり抜け毛が多くなってきたら注意が必要です。
AGAの原因として考えられているのは男性ホルモンの過剰な分泌や生活環境が変わったことによる影響が考えられています。
男性ホルモンが過剰になってしまうと毛乳頭細胞に影響があります。また生活環境の変化としては食生活が油もの中心にかわってしまう、ストレス、喫煙、睡眠不足などによって頭皮への血行不良などの影響があると考えられています。
髪の毛にはヘアサイクルがあります。これら男性ホルモンが毛乳頭細胞へ影響すること、生活環境の変化によってこのヘアサイクルが乱れてしまうのです。
ヘアサイクルは4年から6年という期間で、髪の毛は成長して伸びます。成長期間が長ければそれだけ太く強い髪の毛が伸びているといえます。
しかし髪の毛はいつまでも伸びるわけではなく、やがて後退期をむかえます。そして成長が止まってしまう休止期をむかえます。
ここで髪の毛が抜けてしまうわけではなく、毛根から次の髪の毛が生えてくることで抜け変わるのです。
AGAはこのヘアサイクルが乱れてしまうことで起こります。
ヘアサイクルが乱れてしまうと通常4年から6年という成長期間が2年から3年という期間となってしまい、髪の毛は細く弱いものになります。
その結果ボリュームがなくなり、抜けやすい髪の毛になってしまいます。
またヘアサイクルの期間が短くなることで、髪の毛が成長するより、抜ける髪の毛のほうが多くなるのです。
このようにAGAとヘアサイクルは大きくかかわっており、早めにヘアケアを行うことが大切なのです。

関連記事 Không có bài viết nào hết